02-2 透析医療支援 透析Synapse

電子カルテ・オーダリングに透析支援システムを包含した透析センター向けパッケージ

ワークフロー標準機能

画面をクリックすると詳細画面がPopUpします。

透析機器接続情報の画面

透析室管理

指定したブロックの患者様への申送りの有無や透析の進捗状況などを一覧で確認する画面です。


温度板の画面

リーダー申し送り

次回透析のリーダースタッフへの申し送り機能。「今回発生した事象を次のリーダーに伝達する」「次の透析時には、いつもと違う対応をする」などの情報を共有し、担当のリーダーに確認を促します。


開始終了時確認画面

開始終了時確認

透析の開始前、終了後の体重やバイタルの確認、前体重測定後の除水等の情報を確認します。


バイタル装置情報の画面

バイタル装置情報

患者様のバイタルや装置情報を取り込み、または手入力できます。入力した値をグラフ化します。


透析中処置の画面

透析中処置

当日予定された処置等のリストを表示します。担当スタッフの実施漏れ、記録忘れを防止します。


担当別処置状況の画面

時間帯別処置状況

指定クールの処置等の実施状況を一覧で確認できます。当日のリーダーが実施漏れ、記録忘れを確認できます。


記録用紙の画面

記録用紙

当日の予定項目の実績登録、バイタルや装置情報の取込から自動的に記録用紙に反映します。転記の無駄を省きます。


温度板の画面

温度板

約2ヶ月間に渡る患者様の体重や血圧の変化の推移、検査結果を一覧できます。長いスパンでの僅かな変化も見逃しません。


概要、メリットへ

トップへ戻る